【「PITCOM」によるモザイク生成手法】

 選べる3つの生成方法

画像の特徴を最大限に活かす最適なモザイクアート生成!
「PITCOM」では、「エッジ版」(ブロック画像の色味と輪郭をもとに、モザイクアート上での最適な掲載位置を判断する方法)、「ハイブリッド版」(ブロック画像の色味と輪郭をもとに、モザイクアート上での最適な掲載位置を判断し、加えて、ブロック画像に色調補正を施す方法)、「タイル版」(ブロック画像の色味と輪郭からは判断せず、すべての画像に色調補正を施す方法)の3つの技術を保有いたしております。
画像の集合体で大きな絵を完成させるモザイクアートでは、時として画像の色合いや特徴などにより、モザイクアートとしての再現性が低い場合があります。
こういった場合、一般(無料ソフトやアプリなど)のモザイクアート生成ツールでは、モザイクアートの元絵(モチーフ画像)をモザイクアート上に透過させることで再現性を高める場合が多いのですが、反面、ドット絵を基調としたモザイクアート本来の特長が損なわれます。
「PITCOM」では、色調補正をまったく施さずにブロック写真の色味と輪郭を見て配置する「エッジ版」という生成方法のほか、ブロック写真の色味と輪郭を見て配置しつつブロック画像ごと色調補正を施すことで再現性を高める「ハイブリッド版」すべてのブロック画像に色調補正を施すことで、完全リアルタイムでモザイクアートを完成させていくことができる「タイル版」をご用意しています。


↓生成したモザイクアート上にモチーフ画像を透過させることで視認性を上げた例。ブロック画像においてモチーフ画像の線が目立ちます。

mozaicseisei


エッジ版

mozaicejji

ブロック画像の色味と輪郭をもとに、モザイクアート上での最適な掲載位置を判断する方法です。

メリット
・モチーフの輪郭がはっきりしやすく、ブロック画像の視認性が高まります。
また、ハイブリッド版、タイル版に比べ、より少ないブロック数でモチーフの再現が可能です。
デメリット
・モチーフの再現性がブロック画像の色味や輪郭に依存します。

ハイブリッド版

mozaichaib

ブロック画像の色味と輪郭を活かしつつ、モチーフ画像の再現性を高めるためにブロック画像に色調補正を施す方法です。

メリット
・ブロック画像がどのような色味であっても、モチーフの色味を再現できます。
デメリット
エッジ版と比較するとモチーフ画像の輪郭にシャープさがなくなります。

タイル版

mozaictairu

モチーフ画像本来の色味とブロック画像の色味の中間補正を、すべてのブロック画像に施す方法です。

メリット
・どのようなブロック画像でもモザイクアートに使用できるため、リアルタイム生成に適しています。
デメリット
元々のブロック画像の色味に関係なく色補正・配置するので、着色が目立つ場合があります。